« 靴との思い出 | トップページ | お休みなさい »

2011/03/13

震災

この度の震災で被災された方々には、心からお見舞い申し上げます。

第一報を聞いたのは会社でした。ヤフーを見ている人がいて、どうやら東北の方で大きな地震があったらしいと言っていたので、自分でもヤフーで確認し、震度7と書いてあったのでこれは相当大きな地震だということはわかりました。ただ、それがどれくらいの被害をもたらしているのかは全くわからなかったので、とりあえず仙台の知人に安否確認のメールだけ打ちました。

今回、つい先日知り合いの方から教えてもらったgoogleの「リアルタイム検索」で地震に関するtwitterのつぶやきを追っていました。その中に「ニュースをustreamで流している人がいる」というものがあり、映像を見たのですが、容赦なく田畑や家、そして車を襲う津波に愕然としました。その時はじめて被害の甚大さを知り、さっきまで「まあ友達も大丈夫だろう」と軽く考えていたのが「もしかしたらもう会えないかもしれない」という恐怖に近いものに変わりました。

幸いなことにメールが来て夫妻とも無事とわかり、ブログでその時の状況がわかりました。

阪神大震災のときは、まず第一報をラジオで知り、後にテレビで被害の状況を見ました。安否の確認は電話だけで、それもなかなかつながらず不安な時間を過ごしました。今回はメールやtwitter、ustream、mixi、facebookなどたくさんの手段で知人の安否や当時の状況を知ることができました。まだ安否のわからない知人が1人いますが、きっと無事で頑張っていると信じたいと思います。

まだまだ予断を許さない状況ですが、早く余震がおさまり、ライフラインが復旧することを願っています。今できることはあまりありませんが、電力不足とのことなので、今日は早く寝て、節電に少しでも協力しようと思います。

<追記>
関西以西の60キロヘルツの電力は、変換しないと東には送電できないようで、現在変換装置は最大稼働しているのでこれ以上送節電しても送電できないようです。
http://www.pref.nagano.jp/kikikan/tohokujishin-denryoku.htm

|

« 靴との思い出 | トップページ | お休みなさい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32795/51111577

この記事へのトラックバック一覧です: 震災:

« 靴との思い出 | トップページ | お休みなさい »